マイボトルで飲み物代を節約。健康面でもプラスに。

自動販売機でジュースやコーヒーを買われる方は多いでしょう。

何しろ、日本は自動販売機大国ですから。

私も、かつては毎日のように自動販売機を利用していました。

何しろ、のどがすぐ乾いてしまうので、飲み物が手放せないほどです。

そんな中、7~8年前のことですが、深蒸し茶をよく飲む地域には長生きする人が多いという調査結果をテレビで知りました。

そこで、早速、500mlのマイボトルを買って、毎朝、深蒸し茶を作って出勤し始めました。

職場では無料のコーヒーやお茶を飲めますが、外出するとどうしてものどが渇くので飲み物を買っていました。それが、マイボトルを持つようになってから、飲み物を買わないで済むように。

休日も、必ずマイボトルを持って出かけるので、飲み物代がかからなくなりました。

お陰で、飲み物代も節約できることに。

たかが飲み物代と言われそうですが、1日飲み物1本としても月に4000円近くなります。

また、時間があれば、喫茶店でコーヒーを飲んだりしますので、5000円以上にはなるでしょう。これは、しがないサラリーマンにとっては、小遣いの何分の1にもなります。

それを節約でき、加えて、のどの渇きも癒せ、健康にもよいということで、まさに一石三鳥です。

健康志向から始めたマイボトルですが、結果的には小遣いの節約に貢献することに。思わぬ余禄でした。