貯蓄が苦手な私が行った様々な貯蓄法

私は、お金を貯蓄するのがとても苦手です。

たまったと思っても、急な出費に我慢できず使ってしまったり、これでは元も子もないということで、自分に合う貯蓄法を探す事にしました。

最終的に1番、これが良かったと思える方法は、銀行での積み立て預金でした。

毎月自動的に一定の額が引かれていき貯蓄されていくこの方法は、解約しないと、お金を引き出せないことから、普段からめんどくさがり屋な私にとっては画期的なシステムでした。

また、現在も利用している貯蓄法として、月末になると、残っている小銭を銀行にまとめて預金します。

繰り越していると、どうしても、今月はいつもより少しあるからこれを買ってしまおうと欲がでてしまうため、いつも同じ金額が手元にくるように、前月分は0にします。微々たるものかもしれませんが、塵も積もれば山となるというようにちょびちょびと貯金を続けていくことが大切だと感じ、続けることが出来ています。

その他にも、塗り絵貯金と言って、貯金した文だけその数字の部分を塗る貯金方法や、月に消費する金額が分かっているものなど、封筒に分けて入れることによって、曖昧な金銭感覚から抜け出すことに成功しました。

封筒に入れて管理していると、今いくらあって、いくら残っていると明確にはんだんできることから、その時の気分で買う衝動買いもなくなり、私自身にとってはとても良いお金の管理法だと思っています。