賢くストレスフリーで貯金する方法

貯金をするのは、不慮の事態や自分の今後の人生に備えるために欠かせません。

安心できる貯蓄額は人によって異なりますが、ある程度の蓄えがなければ不測の事態に陥った時に家族や親族に負担をかけなければならなくなったり、そのせいで人間関係が微妙な雰囲気になってしまったり、何よりも自分の大きなストレスになるため、普段から真剣に考えておかなければならないテーマと言えるでしょう。

節約法もまた、人それぞれ、正確に合った方法を選ぶことが大切です。

ある方は定期預金制度を活用し、毎月の給料から一定の金額を自動で貯めていくという方法で、新車を購入しました。

この方の場合は月に5万円を自動定期に回し、5年で300万円を貯蓄しました。知らない間に貯まっていてびっくりしたそうです。

カードでのショッピングによる請求額に毎月戦慄していたので、自分には手出しできない形の貯蓄法が合っていました。

また別の方は毎回の給料から食費、生活用品費、ガソリン代、その他の出費(光熱費や水道代)を毎月一定額それぞれ仕分けできる財布に分けて入れ、それ以上は使わないようにして決まった銀行口座へ預け入れるという方法で貯金額を伸ばしています。

よく知られている貯蓄法ですが、この方の場合、それぞれの費用に少し余裕を持たせ、なおかつ少額を自分の楽しみ、例えばカフェに行ったり趣味の材料費用としてなどのために別に取っておきます。

そうすることで、タイトな節約によるストレスを避け、ある程度生活を楽しみながら貯蓄額も徐々に増えていく楽しみも味わっています。

自分の人生のための大切な貯金、できるだけストレスなく増やしていきたいものです。