銀行カードローンにもいよいよ総量規制が?

ご存知のように、銀行カードローンは消費者金融などの金融業者には適用される総量規制の対象外です。その為、場合によっては年収の1/3を超える借り入れも行えるという利点のある反面、明らかに返済能力を超えた過剰融資を行ってしまうこともあり、少し前から世間的な問題にもなっています。

これを受けてメガバンクの三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行では今までより低い金額に対しても収入証明書を提出させるなどの自主的な対策を始めましたが、これらのメガバンク以外の銀行では未だにほとんどこのような対策は行われていないのが実情です。

そこで金融庁は、利用者保護の観点から、このまま銀行カードローンが総量規制の対象外として過剰な融資を続けるようであれば、消費者金融などと同様に総量規制の対象外にするかも知れないという趣旨の言わば警告を出しました。今のままの状態が続くと、将来的には本当に銀行カードローンにも総量規制が適用されてしまうかも知れません。

実際にも銀行カードローンでとても返済できないほどの借り入れを行ってしまい、債務整理や自己破産をすることになってしまったという話も耳にします。銀行側もこれからは本気でこの問題に取り組まないといけないでしょう。

しかし、これは利用者によっては今までよりセーフティな利用ができるようになると表現することができます。本当に総量規制が適用されるまでにはならないとしても、これまでより厳格に収入によって融資の上限金額を設定することになれば、今まであったような返し切れないほどの借り入れはまず行えなくなるからです。

上にも書きましたが、メガバンクでは既に自主的な対策を行っており、これからはその他の銀行でもより安全にカードローンが利用できるようになるのは間違いありません。